受付時間 8:30 - 17:00

パンフレットダウンロード

元気なうちに備える方が増えています①死後事務委任契約

「自分が亡くなったら、だれが葬儀や納骨、家の片づけをしてくれるの?

そのことを考えると、夜も眠れないのよ。。。」

 

こういった不安を抱えて、たくさんの方が弊所を訪れます。

 

そんな方の不安を解決するのが、

『死後事務委任契約』

 

人が亡くなると、さまざまな手続きをする必要があります。

・親戚や知人への連絡

・ご遺体の運搬

・葬儀の日程や内容の打ち合わせ・手続き

・死亡届の提出・火葬許可証の受領

・火葬・納骨・埋葬

・入院費の支払いや病室に残ったものの片づけ

・社会保険等の手続き

・家の片づけや処分

・電気やガス、電話等の停止 などなど・・・・

 

死後事務委任契約を元気なうちに結んでおくことで、

本来近くにいる親族が行うこれらの手続きすべてを、おまかせすることができるのです。

 

①もしものときに近くに頼れる親戚や家族がいない

②おひとりさまや、お子さんがいないご夫婦

③親戚はいるがあまり負担をかけたくない、頼みづらい

④親戚はいるが高齢である

⑤パートナーとは内縁関係である

 

①~⑤のうち、ひとつでも当てはまる方には、死後事務委任契約について検討することをおすすめします。

 

どのような契約内容にするかは、経験豊富な司法書士がじっくりお客さんのお話を聴き、それぞれの方にベストな契約内容を提案いたします。

 

そして、もしもの時は法律に精通した専門家が、お客さまの生前の意向を叶えるべく、スムーズに手続きを行います。

 

一緒にひとつづつ、不安を解決していきましょう。