受付時間 8:30 - 17:00

パンフレットダウンロード
土屋文憲土屋文憲

司法書士法人 おさだ

事務局長 土屋文憲

法律・税務知識の充実

司法書士事務所で培った不動産に関する法知識や、弁護士・税理士・建築士等専門職との人的ネットワークを生かし、通常の不動産屋さんでは出来ないような高度なサービスを提供いたします。

早めの売却が肝心

伊豆半島の不動産は、人口減少などの要因により年々売れにくくなっていくことが予想されます。また、安全に対する規制が厳しくなっていく中で、沿岸部・山間部にある土地・建物、築年数の古い建物などは更なる需要の低下が考えられます。

その土地いつまで管理していけますか?

「先祖代々の土地なので手放したくはない」というお気持ちはよくわかりますが、多くの若者が進学や仕事の為に外へ出て行ってしまう状況では、将来にわたって維持管理していくのも難しくなってきてしまうのではないでしょうか。また、管理しきれなくなり売却するような場合には、「土地が荒れ果ててしまっている」「建物が廃墟同然など整地・取り毀しが必要となる」場合が多く、その費用も不動産価格に影響してしまいます。

市町は寄付を受け取らない。

ご相続手続きのお手伝いをさせていただくなかで、手放したいとのご相談を受けることがあります。人口減少、規制強化が進むなかで、駅周辺などの生活の便のよい場所であれば売却等も可能ですが、場所によっては売却・贈与することも難しくなってしまいます。「自治体に寄付できないか?」とのご相談もありますが、そのような不動産の多くは利用価値がなく、自治体でも貰ってくれないことがほとんどです。このようなことにならないためにも、早めの対策が必要となってきます。

相続が売却する絶好のタイミング?

相続は不動産を売却する一つの良いきっかけだと思います。「誰も住んでいないけどなんとなくそのままにしてしまっている」「売ってもいいけどお願いするもの面倒」など、特別な理由はないけど放置されてしまっている不動産は多くあるかと思われます。しかし、空き家対策特別措置法の施行により解体の強制対処や固定資産税の特例対象からの除外など、今まで通り何もせず放置ということは難しくなってくるでしょう。以上のことから考えると、相続手続きのタイミングで売却をするというのは絶好のタイミングとも言えるのではないでしょうか。また、相続時に手続をすることにより税金の控除を受けられることもありますので、売却をお考えの場合には、是非お気軽にご相談下さい。

お客様の不動産をプロデュースします。

お客様の不動産をしっかり調査し、良い点悪い点を洗い出し、しっかりと魅力を伝えられるよう頑張ります。

司法書士有資格者・受験希望者募集

伊豆のキレイな海と山に囲まれながら一緒に働きませんか。
明るく楽しい職場環境ですのでストレスなく働けると思います。
待遇等詳細は面談時にご相談下さい。また、受験希望者の方には、勉強時間をしっかり確保できるよう勤務時間を対応致します。
ご応募はお問い合わせ又はお電話0557-48-7620まで!