受付時間 8:30 - 17:00

パンフレットダウンロード

相続に関するプラン

円満充実遺言プラン

円満な相続にしたい、積極的なアドバイスが欲しいというかたにおすすめのプランです。

1
POINT
こんな方におすすめ

・円満な相続にしたい
・しっかりしたアドバイスをもらいたい
・相続人に想いを伝えたい
・相続人間で揉める可能性がある
・遺留分を請求される可能性がある

2
POINT
サポート内容

・お客様の現状、希望、目的を確認
・財産・相続関係調査
・各種生前対策の検討
・遺言内容のアドバイスや提案
・相続を円満にする付言事項の作成
・公証役場打ち合わせ代行、証人手配
・遺言書作成
・完成後の継続的無料相談

3
POINT
付事事項の活用

遺言書に想いを書くことができます。 お客様の生い立ちや、残された方への思いを 文章で残すことで、素敵な遺言になります。

費用20万円(税抜)+ 公証役場手数料 + 書類収集費用

簡単遺言プラン

最低限の公正証書遺言を書きたいかたにおすすめのプランです。

1
POINT
こんな方におすすめ

・相続人が揉める恐れがない
・書きたい内容が決まっている
・費用を抑えたい
・相続税がかからない
・遺留分の心配がない

2
POINT
お客様にしていただくこと

・遺言内容を口頭でご説明いただきます
・印鑑証明書を取得していただきます
・完成した書類に署名捺印をしていただきます

3
POINT
必要書類

■遺言者
・印鑑証明書
・出生から現在の戸籍謄本
・固定資産納税通知書
■受遺者
・戸籍謄本
・住民票(本籍入り)

4
POINT
手続きの流れ

費用10万円(税抜)+ 公証役場手数料 + 書類収集費用

とことん相続対策プラン

相続専門の司法書士と税理士が、時間をかけてオーダーメイドの相続対策をご提案・実施いたします。
時間をかけて本気で相続対策をしたいかたにおすすめです。

1
POINT
こんな方におすすめ

・じっくりと自分の相続について準備をしたい
・円満な相続にしたい
・生前贈与か遺言書か何の方法が良いか分からない
・遺留分を請求される恐れがある
・会社を経営していて自社株の問題がある
・相続税がかかる
・数年かけて相続税の節税をしたい
・いくつかの不動産がある
・家族の仲が悪く、相続で揉める恐れがある

2
POINT
手続きの流れ

費用 30万円〜
※事前のお見積りが必要です。

売買・贈与登記プラン

元気なうちに自宅を名義変更したいかたにおすすめのプランです。

1
POINT
サポート内容

・贈与と売買のメリット・デメリットの説明
・それぞれに係る税金等の説明
・贈与・売買誓約書・領収書等の作成
・契約の立ち会い
・所有権移転登記申請

2
POINT
必要書類

売買や贈与登記には、次の書類が必要になります。

必要書類

3
POINT
贈与税にかかる税金と非課税制度

[贈与税]
基礎控除額は110万円ですが、要件に当てはまる時は非課税制度を利用することができます。

贈与税にかかる税金と非課税制度

[不動産取得税]
土地:固定資産評価額 ÷ 2(宅地等) ✕ 3%
建物:固定資産評価額 ✕ 3%(非居住用4%)

[登録免許税]
固定資産評価額 ✕ 2%(土地の売買 ✕ 1.5%)

費用 10万円(税抜)+登録免許税+書類実費
※別途不動産取引税がかかります。

認知症に関するプラン

成年後見申立プラン

すでに認知症でお困りの方や、後見人を付けてほしいと言われている方におすすめのプランです。

1
POINT
こんな方におすすめ

・預貯金が凍結された
・不動産を売りたいけど判断能力がない
・施設や病院に入るのに必要
・身寄りがなく財産管理が困難

2
POINT
プラン内容

・裁判所への申立手続き
・必要書類の収集
・後見人への就任

3
POINT
お客様が行うこと

・本人の通帳や収支の資料・診断書の取得
・親族への連絡
・申立書への署名捺印

4
POINT
手続きの流れ

手続きの流れ

費用 ・申立費用:13万円〜20万円(実費の増減により異なる)
・就任後の報酬:月2万円〜(毎年裁判所が決定)

家族信託プラン

認知症に備えたい、信頼できる家族に託して管理したいという方におすすめです。

1
POINT
こんな方におすすめ

・預金が凍結されないようにしたい
・家を売れるようにしておきたい
・家やアパートの管理を家族に任せたい
・相続税対策をしたい
・裁判所等の関与なく家族の間で財産管理をしたい

2
POINT
手続きの流れ

費用 信託契約書作成+ 信託登記 30万円〜 + 実費
※お見積りが必要です。

おひとり様安心プラン

家族や知人に頼る人がいない、ひとりだからこの先が心配というかたにおすすめのプランです。

1
POINT
お一人様が困ること

・認知症になった後の通帳などの管理
・急な入院への対応
・施設入所の際の保証人
・亡くなった後の火葬・葬儀・納骨
・残した財産の引き継ぎ

2
POINT
任意後見・死後事務の流れ

3
POINT
本来家族が行うことを、司法書士が対応します。
見守り契約・・・元気なとき
定期的なお電話や面談を通じて、状況に変わりがないか見守ります
任意後見契約・・・判断能力がなくなったとき
家庭裁判所に申立てをして、司法書士が通帳の管理や入院等の契約を行います。
死後事務委任契約・・・亡くなった後
遺体の取引から火葬、葬儀、納骨、永代供養まで、予め決められたとおりに手続きを行います。
遺言執行・・・残った財産について
ご希望の通りに、決められた方に引き渡しを行います。
費用 契約時の費用:30万〜+公証役場・書類収集実費